体脂肪率20%の”リアル”を報告します。
2015年3月現在、僕の体脂肪率は約20%です。

筋トレダイエットブログを運営しているにもかかわらず、小太りなのです。

しかし、30代以上の男性の体型としては普通体型です。もちろん摂生をしてかっこいいスタイルを保っている人もいますが、多くの中年男性にとって、体脂肪率20%というのは珍しくない数値です。

ちなみに身長173cm。見たとおり、手足の短い典型的な日本人体型をしてます。(※中年男性の上半身裸画像が満載ですので、興味がなければそっとウインドウを閉じてください)

スポンサーリンク

体脂肪率20%の中年男性

体脂肪率と見た目には個人差があります。

これは、筋肉量の違いによって印象が違いますし、そもそも家庭用の体組成計では正確な数値を測定することができないためです。よって、今回の記事は、参考程度にご覧ください。

また、「体脂肪率別の比較画像があったら面白いかな?」という思いがあります。今後、どのような変化を遂げるのか?は未知数でありますが、面白い比較記事にできればと考えています。

体重と体脂肪率

現在の体重と体脂肪率は、以下の通りです。

  • 体重:71.5kg
  • 体脂肪率:20.1%

一週間の平均値ですので、それなりに正しい数値だと思っています。

この時点で、筋トレを開始してから約5ヶ月、トレーニング頻度は週2から3回ほどとなっています。1回のトレーニング時間は、長くても20分程度です。少ないと感じられるかもしれませんが、おじさんにはこれが限界です。

これでもブログをはじめた当初と比較すれば、5kgほどのダイエットに成功しているのですよ……。

多方向からの画像

とにかく「体脂肪率20%の体とはどのようなものなのか?」を伝えるために、多方向からの写真撮影をおこないました。

まずは、おなかに力をいれず、完全に脱力した状態での撮影です。

次に、背中です。

背中には、かなりの皮下脂肪が目立っています。背中は普段目にすることのない部位ですので、撮影した画像を確認しているだけでも”すごく恥ずかしい”気持ちになりました。

最後に、体脂肪量がわかりやすいように、前屈みになって脂肪を”鷲掴み”にしてみました。

繰り返しになりますが、筋トレダイエットをはじめる前と比べれば、だいぶマシにはなってきています。が、中年太りであることに変わりはありません。ウエストサイズも85cmですので、立派なメタボリックシンドローム(予備軍?)です。

もう一枚、体脂肪の醜さを確認しておきます。

ヤバいですよね?
体脂肪率20%というのは、とても中途半端な体脂肪率です。

服を着ていれば太っているというほどではありませんが、脱いだらヤバい体をしています。20代や、運動習慣のある30代以上の人から見れば「情けない体」だと思われても仕方のない状況です。

筋トレでは痩せない?

このままで終わらせてしまうと、「筋トレなんかしても痩せていないんじゃないか」と思われてしまいそうなので、より太っていた頃の画像をご紹介します。

この画像の撮影日時は不明です。
体重や体脂肪率を気にせずに「太っているなぁ」程度に撮影したものですので、仕方がありません。

おそらく5kg以上は落とせていると思われます。

今回の画像と比べれば「それなりに痩せてきている」ことが確認できるのではないでしょうか?スーツのサイズやベルトのサイズが変わってきていますので、体感としては「効果あり」だと感じています。

現在の報告と今後

体脂肪率20%というのは、これ以上に太っていた頃と比べれば「多少は動けるようになってきた」と感じられているものの、”太っている”このには変わりのない体つきです。

しかし、「膝が痛くなくなった」ことには喜びを感じています。

まだまだ普通体型にすらなれていない状況ではありますが、今後も無理のない範囲で筋トレダイエットを続けていければと考えています。短期間ダイエットというよりは、ダイエットを感じさせないくらいのペースで落としていく予定です。